ビフィーナという乳酸菌の商品とその二層構造のカプセル

ビフィーナという乳酸菌の商品とその二層構造のカプセル

乳酸菌を摂取するとなると、胃袋の中の酸が大きなポイントになります。その袋の中には、強力な酸が含まれているのですね。
そして乳酸菌は、その酸で溶かされてしまう事がしばしばあります。ですのでヨーグルトなどを摂取しても、大腸や小腸などに行き渡らないケースも多々あるのですね。せっかくヨーグルトを摂取しても、帳に届かないのではあまり意味が無いでしょう。
ところが一部の乳酸菌の商品は、その酸に対する耐性があるのです。その1つがビフィーナという商品なのですね。

 

二層になっている乳酸菌サプリのカプセル

 

ビフィーナという商品は、カプセルで覆われています。しかもそのカプセルは、ちょっと独特な形状になっているのです。
ビフィーナのカプセルは、二層構造になっています。一番外側をカバーしているカプセルは、酸に対する耐性があるのです。その耐性はかなりのもので、胃袋などの酸にも耐えられるようになっています。
そしてもう1つのカプセルは、ハイパープロテクトという名称が付けられています。それも胃酸に対する強さを持っているのですが、小腸などに届くと溶ける造りになっているのですね。

 

カプセルでガードされて小腸や大腸などに届いてくれる

 

ですので例えばビフィーナのカプセルを経口摂取したとします。もちろんそれは、まず胃袋に届くでしょう。そしてヨーグルトなどの場合は、その胃酸で溶かされてしまう事が多いのですね。ところがビフィーナの一番外側を覆っているカプセルは、それに対する強さがあります。それで胃袋農産でも溶かされないようになっているので、まず十二指腸あたりまで届くようになります。
そして十二指腸を通過して、今度はビフィーナは小腸に届くのです。そこで初めて、ビフィーナのハイパープロテクトと呼ばれるカプセルが溶けるようになっているのですね。そしてカプセルの中に入っている乳酸菌やビフィズス菌などが小腸に対して届いて、お腹の中の環境を整えてくれるという仕組みです。
ビフィーナを製造している会社は、その二層構造のカプセルを作る為に、かなり研究を重ねていたようですね。長年にわたる研究の結果、上記のような二層カプセルにするのが良いとの結論に達したのでしょう。
それが理由なのか、ビフィーナはかなりの売り上げを誇っています。ランキングなどでも常に上位を記録している商品なだけに、多くの方々から高く評価されている訳ですね。腸までしっかり届いてお腹の環境を整えてくれるという意味で、ビフィーナはおすすめです。